Studio LUXE (スタジオ・リュクス) - 京都市交通局 - 京都水族館系統の新設

ホーム京都市交通局>トピックス

京都水族館系統の新設


2012年3月14日、下京区の梅小路公園内に「京都水族館」がオープンしました。
これにあわせ、市バスではダイヤ改正が行われ、水族館への速達性などを重視した2系統が新設されました。(なお、この系統は土日祝日のみの運行となっています。)
また、最寄りバス停の七条大宮は「七条大宮・京都水族館前」へと変更されました。
■水族館シャトル

京都駅と京都水族館前を直行で結び、梅小路公園の転回場で折り返します。

主な運用車両は、この3月で撤退となる定期観光車を転用する形に。
車両内訳:「京都22 か 6505」「京都22 か 6506」「京都22 か 6507」
水族館シャトル転用にあたり、定期観光当時の愛称は撤去され、「出入口」「スルッとKANSAI」のステッカーが掲出されました。
また時刻表には定観車で運行の際、立席乗車はできないとの但し書きがあります。

その他一般車での運用もあり、方向幕も用意されています。

■水族館・東山ライン
こちらは三条京阪を起点にして、京都駅に入らず七条通を進み梅小路公園で折り返し。


■新設された「梅小路公園」バス停
ここから水族館シャトルおよび水族館・東山ラインが発車します。

梅小路機関車館のすぐ前にのりばがあります。