Studio LUXE (スタジオ・リュクス) - 京都市交通局 - トピックス

ホーム京都市交通局>トピックス

トピックス

地下鉄まつりで特別展示された、チンチンバス

チンチンバスは、かつて京都市内を走っていた「N電」を彷彿とさせるレトロ調の外装および
豪華な内装に仕上げられた車両で1991年に1両、1992年に2両と合計3両導入されました。
京都駅から清水寺を経由して平安神宮、さらには銀閣寺を結ぶ100号(洛バス)で約14年間活躍し、2006年3月に営業運転から引退しました。
そのうちの1両のみが、現在も洛西営業所で保管されています。(非公開)

そして2011年5月29日の「地下鉄まつり」において、引退後初となる車両展示が実現しました。
▲ナンバープレートは取り外されてますが、当時は「京都22 か 5543」でした。

▲経由地を示すのも特殊なプレート。

▲今後まずないと思われる、HAPPY BUS との並び。

▲チンチンバス限定のエンブレム。

▲局章をあしらった装飾もあちこちに。

▲車内の様子。シートも木製のためクッション性はいまいち。

▲天井もすべて木製、カーテンつき。

▲シートは御所車の模様入り。当時は一般車両も標準だったものの、現在は統一モケットで数を減らしつつある。

▲運転席もなんとなくレトロな感じ。
▼2006年3月31日の貸切運行「ありがとうチンチンバス」